女性の体型

女性の体型は様々で、太り気味の人から痩せ型な人まで、体重と身長のバランスによって変わります。一般的に女性の体は、年齢によってだんだんと変化しています。成長が進むのは10代の始めくらいまで、身長や体重が伸びる時期です。10代半ばを過ぎると成長ホルモンの代わりに女性ホルモンの分泌が盛んになり、体がまるくなります。胸やヒップなどが豊かになり、より女性らしい体型になります。

体型が決まってくるのは20代になる頃で、皮下脂肪の状態や体重もそれ以上の変化をしづらくなっていきます。30代になると体重が増えやすくなり、ウェストや腰周り、下腹部に贅肉がつきやすい体型になってきます。バストやヒップが重みに引かれて下がりやすい時期でもあるようです。腰など上半身の肉づきが良くなり、下半身が細くなるのが40代及び50代の女性の体型の特徴だといわれています。

年齢を重ねると共に、体型は変化していきます。女性の体型の変化は、勿論全ての人に起こる可能性があります。筋肉が減らないよう運動の習慣を作り、健康にいい食事を続けることで、年を取っても女性らしい体型をキープすることもできるといいます。

自動車買取相場表.com

女性の体型維持と運動

適度な運動が、女性の体型をキープする効果があります。ダイエットとは異なり、食事制限や食生活を改善するだけでは、女性の体型は維持する事はできないものです。ある研究報告では、30分の運動を続けることができなければ30代以降の女性の体型は崩れやすいといいます。

毎日30分も運動をするのは簡単ではないと考える方も多いようです、スケジュールを見直すなどして時間を作るようにしましょう、ウォーキングは、女性でも手軽にできる運動です。健康づくりの役にも立つといいます。ジョギングやマラソンなどの運動を今まで一度もした事が無かった人が急に始めても、長続きしないだけでなく効率も悪くなります。

体を使う活動が不得意だったという人でも、ウォーキングなら無理なくできるでしょう。ウォーキング以外なら、フラフープやダンベルなどがあります。背中のぜい肉を減らしたい人や、二の腕やウエストを引き締めたい人にはダンベルが向いています。最初のうちは一日5分の軽い運動で構わないので、以後20分の運動を2セットできるくらいにすることで効果が高まります。胸のたるみが気になってきたなら、ダンベルで胸周りの筋肉を強くすることが効果があるとされています。お腹まわりの皮下脂肪が気になっているという人にはフラフープがおすすめです。腰回りの運動を、楽しみながら続けることができます。インナーマッスルを強化する働きもありますので、女性の体型を保つだけではなく、健康に悪影響を及ぼすという内臓に蓄積された脂肪の代謝にも役立ちます。